HOME > コラーゲンについて > コラーゲンって何?

コラーゲンって何?

コラーゲンとは、たんぱく質の一種でアミノ酸が複数結合したものです。人の体の中ではたんぱく質の内、30%程度がコラーゲンだとも言われており、体を構成するためには重要となる成分です。美容に良いという印象を持っていますが、皮膚以外にも筋肉・骨・内臓などあらゆる場所に存在しています。健康や美容に欠かせない成分で、コラーゲンが減少すれば加齢にも関わってきます。

加齢と共に減少するコラーゲン

コラーゲンは細胞同士を繋ぐ役割を持っており、弾力性があります。美容や健康には欠かせない成分ですが、残念な事に加齢と共に減少してしまいます。40代になるとピーク量の半分まで減少すると言われており、外側から補う必要性が出てきます。皮膚の老化、内臓の機能低下、節々の痛みなどとして老化が現れてくるため、こまめに補給するようにしましょう。

このページのトップに戻る