HOME > コラーゲンについて > コラーゲン不足になると・・・

コラーゲン不足になると・・・

コラーゲンは早い人では20代で減り始め、40代の頃にはピークの半分の量まで減少すると言われています。コラーゲンが減ると、皮膚に弾力が無くなる・髪が抜けやすくなる・ツヤが無くなる・爪や歯が弱くなる・軟骨が弱くなって節々の痛みが出てくるなどの症状が出てきます。皮膚にコラーゲンが少なくなれば、シワや弾力の低下などが現れるため早めに対処しましょう。

光で失われるコラーゲン

コラーゲンは光の中に含まれる紫外線の影響を受けて壊れることがわかっています。シワやたるみを予防したいとお考えなら、普段からしっかりと紫外線対策を行いましょう。屋外で働いている人の肌を見ると、シワシワだったり年齢より老けて見える事があります。この原因も紫外線によってコラーゲンが多く破壊されたためなのです。

このページのトップに戻る