HOME > コラーゲンについて > 副作用とかあるの?

副作用とかあるの?

コラーゲンは元々人の体に存在するたんぱく質のため、副作用はありません。食事として摂取したり、サプリメントやドリンクで補ってもそれ程害は無いでしょう。体内でアミノ酸に分解され、コラーゲンなどの美容成分に再合成されて利用されます。しかし、サプリメントを利用する際には由来をチェックした方が良いでしょう。狂牛病の危険性がある動物性コラーゲンが使われていることもあります。

過剰摂取による弊害

安全性が高いコラーゲンですが、大量に摂取したり、肌に吸収させると害が発生してしまうこともあります。口から摂取する場合では、腎臓に負担がかかりやすくなります。これはたんぱく質の過剰摂取でも言われていることで、何でも摂りすぎは良くないのです。また、コラーゲン注射でアレルギーが起こるケースもあり、必要以上に肌から吸収させるのも避けた方が良いと言えるでしょう。

このページのトップに戻る